ナイアガラ & トロント旅行記

 

I. マイル補充旅行

いままでの旅行をできるだけノースウエスト航空を利用してきたおかげで2006年1月時点で約13万マイルたまった。そこで今年のゴールデンウィークはこのマイルを使ってヨーロッパ旅行の計画をしている。1月の終わりごろにオンラインでエールフランスの特典航空券を予約発券した。片道をビジネスクラスにしたので往復10万マイル使ってしまった。そこでゴールデンウィーク前に、マイルを少しでも補充するための旅行に行こうということになった。

行き先はどこでもよかったが、いつものようにできるだけ安いチケットで遠いところが希望。そんな時たまたまyahooでカナダ行き24,800円のチケットをみつけた。これにサーチャージ、諸税を加えると49,950円になったがそれでも安い。ただマイル加算はなしというのが残念。アメリカ経由のカナダ行きは諸税が割高になるのと、乗り換えがめんどうだという人が多いかもしれないが、デトロイト乗り換えに関していえば、超簡単。僕たちはこうしてナイアガラ1泊、トロント2泊の「3泊5日ナイアガラフォールズ & トロント市内観光」の旅に出かけることになった。近頃は旅なれてきたので荷物も少なく、前もって準備しておくこともないが、ピアソン国際空港からナイアガラ行きのバスだけは事前に手配しておいた。

航空会社からオンラインで直接チケットを買うとトラブルは少ないが、間に旅行会社が入るとめんどうなこともある。今回のチケットはJTBでの購入であったが、担当者と話がかみ合わず困ってしまった。販売していたyahooでも「マイル加算なし」のチケットとなっていたが、ノースウエスト航空はたとえ格安チケットでもマイルが100%されるのがうり。航空会社にも確認するとマイル加算は可能だと言われた。そこでJTBに問い合わせると「航空会社のプログラムなので、航空会社が加算ありというならそうなのでは・・・。」となんとも不親切な返事。

ところで最近のアメリカの航空会社は事前にWEB上で座席指定できるし、搭乗券はEチケットが主流だ。紙のチケットのように空港に持っていく必要はないから、忘れたり、紛失したりということがない。予約に使用したクレジットカードやメンバーズカードさえあればOKだ。あるいは自宅のパソコンでチェックインし、Eチケットをプリントして持参してもいい。そのチケットのタイプをJTBの担当者に確認するとEチケットだと言うのに、チケットは空港渡しか、事前に自宅に送ると意味不明なことを言う。「は?Eチケットなのに送るとはどういうこと?」と僕は不思議でしかたがなかった。送る必要も、カウンターで受け取る必要もないのがEチケット。相手にそう言ってもなかなか理解してもらえず、話は行き違うばかり。

しばらくの押し問答の後、担当者は「Eチケットに慣れてない客のために紙のチケットを発券して空港で渡すことにしている」と言い出した。だったらはじめからそういえばいいのに・・・。紙のチケットを渡されるということは、チェックインも勝手にされてしまうということ。僕はオンラインチェックインしたいから、紙のチケットもチェックインも必要ない。「オンラインで全て自分でやるから、何も団体カウンターで受け取る必要はない」と担当者に伝えた。彼女はチケットは渡す必要がなくても、諸確認と書類を渡す必要があるので空港の団体カウンター(旅行会社窓口)には来てもらわないと困るといったので、しかたなくそのことだけには同意した。

さて出発前日、オンラインチェックインをしようとノースウエスト航空のサイトに接続すると、なんとすでにチェックイン済になっていた。「あれほど言ったのにっ!」僕は腹が立ってしょうがなかった。実は今回オンラインチェックインにこだわるのは、ボーナスマイルとキャンペーンのポイントをもらえるからに他ならない。特にポイントはその数次第で獲得マイル数が千マイル単位で変わってくる。翌日空港に向かう途中で、JTBの担当に「事前に連絡したのに、どういうこと?」と文句を言った。

まあ文句を言ってもいまさら何も変わらないとは思ったが・・・。とりあえず電話を切って、もうこのことは忘れることにした。次にJTBで買わなければいいのだ。腹を立てたままではせっかくの旅行が台無しになる。しばらくすると突然JTBからお詫びマイルとして500マイルをくれると携帯に連絡があった。まあくれるというものは断らないが・・・。それにしてもマイアミ旅行の時にチケットを買ったR&Cツアーズは、同じJTBグループとはいえ対応もシステムもすごくよかった。ほとんどのことにe-mailで対応してくれるし、カード決済もWEB上に一時的な決済専用ページを準備してくれ、そのアドレスを連絡してくれる。また出発日が近づくとEチケットがメールで送られてくる。空港では航空会社で直接買ったチケットと同じように、航空会社のカウンターに直接行けばいい。一方JTBは電話でカード番号を伝えるが、外から電話したので周りに聞かれていないか気になるし、チケット受け取りは団体カウンターに並ばされるので、その場で座席指定などの手続きをしているグループが多くて、順番がなかなかまわってこない。

出発時間が近づいた。NW12便でまずはデトロイトへ。機材はいつものB747-400だ。いつもとちょっと違うことはベースメンバーからステイタスが1つだけあがったので、普段座れない席に座れたこと。今回は往路復路ともに非常口席を僕たち3人で占めることができた。通常非常口席は英語の能力を問われ、搭乗の際に一言声をかけられるが、行きに限っては機内ではFAに話かけられることはなかった。それにしてもこの非常口席は荷物を入れるところがないのでちょっと不便なことを除けば、足元がゆったりしていて超らくちんで最高だ。

もう同じ路線を何度か利用するので、目新しいこともなく、機内では食事の時以外ははほとんど寝ている。デトロイト空港に着くとカナダ行きNW1500便のエアバスA319に乗り換えて一路トロントへ。デトロイト―トロントはほんの1時間足らずで到着する。トロントに着くとすぐに予約していたナイアガラエアバスに乗り、今度はナイアガラフォールズへ。これが空港からナイアガラフォールズに行くには一番安く日本円で4,700円位だった。これはバスといってもマイクロバス程度の乗合バスで、ナイアガラフォールズに入って、さらに小型のバスに振り分けられ、ホテルに着くまで2時間半くらいかかった。当然ホテルに着いたときには外は真っ暗だ。

僕たちはチェックインすると部屋の窓を開けて景色を楽しんだ。この時期のホテルは宿泊料が安く、僕たちの泊まったSHERATON ON THE FALLSの滝が見える部屋でも一晩149CD足らずだ。3人で割れば一人当たり約50CDで、日本円では5,500円程度。窓を開けると滝の豪快な音が響いている。僕たちの部屋はちょうどアメリカ滝の正面に位置していた。ホテルの部屋で一休みすると、僕たちは夜のナイアガラを楽しむために滝の方に向かって歩いた。外の気温は-6度。九州生まれの僕には絶えられない寒さだった。

おそらくこれが今までの僕の経験では一番寒かったと思う。ほっぺたや唇がチクチクと痛いほどだったが、とりあえず近くのアメリカ滝の正面まで行ってみた。ライトアップされていて夜の滝の景色もなかなかいい。カナダ滝のほうに続く通りは、かなり暗かったので用心のため行くのをやめ、その日は近くのバーガーキングにでも寄って、部屋に帰ろうということになった。一時間も部屋にいただろうか、今度はカジノに行くことにした。ちょうど僕たちの泊まっているホテルのすぐ隣にカジノがあった。カナダ滝の近くのカジノの方がにぎやからしいが、寒いのでそこまでは行きたくない。僕たちはすぐ隣のカジノに飛び込むと20ドルだしてクォーターコインに交換してもらった。もちろん本物のコインではなくて、カジノ専用のコインだ。マシンはクォーター用や、1ドル用、5ドル用などと分かれているが金のない僕たちにはクォーター用程度がお似合いだろう。
 
 

II. ナイアガラの滝
夜はライトアップされる

夜はライトアップされる

ナイアガラの滝

ナイアガラの滝

ナイアガラの滝とはエリー湖とオンタリオ湖の間を流れるナイアガラ川にあるアメリカ滝、カナダ滝、ブライダル・ベール滝の総称である。アメリカ滝、ブライダルベール滝はゴート島の左側、カナダ滝は右側にあり、馬蹄形をしているのが特徴だ。アメリカ滝は崩落した岩石のため、やや迫力に欠けるが、カナダ滝は水量も多く迫力があり見応えがある。

しかし国境を越えアメリカ側に行って、近くでアメリカ滝を見ると、こちらもなかなかすばらしい。テーブルロックからみたカナダ滝の方は滝に向かう水の流れは、ゆったりとおおらかな流れに見えるが、アメリカ滝のほうは、白い波を立てて、滝へと向かって流れており、ちょっとした渓流のような感じにも見える。どちらもそれぞれちがった魅力をもっていると。

 

アメリカ滝

アメリカ滝

 

 

テーブルロックからみた カナダ滝

テーブルロックからみた カナダ滝

 

 

泊まったホテルとカジノ

泊まったホテルとカジノ

アメリカ滝の滝上の流れ

アメリカ滝の滝上の流れ

うかつにもマフラーをホテルに忘れた僕は、あまりの寒さのために、カナダ滝の近くのみやげ物屋でマフラーを買うことにしたのだが、ここの店員のおばさんの応対のひどさには閉口した。ぼくはマフラーを買って、レジのおばさんに「すぐ使うので値札を取って」とお願いした。おばさんは機嫌の悪そうな顔をして、その値札を引きちぎった。そう僕は忘れていた。アメリカやカナダの値札を取り付けている細いビニールの糸状のものは手で簡単にちぎれることを・・・。

日本でも靴下などにもついているが、あれはなかなか手で切ることはできない。僕は値札と品物を僕に手渡してくれたおばさんに丁寧に礼を言って、値札を捨ててくれるようお願いし、その値札をカウンターに置いた。おばさんはまるで忍者が手裏剣を投げるかのごとく、カウンターの上の値札を僕のほうへと手で払いのけた。もちろん値札は床にひらひらと落ちたが、おばさんは知らん顔である。

あまりの応対に腹が立つのを通り越し、笑いがこみ上げるほどだった。もちろん北米で日本ほどの応対を望めないことは知っているし、期待もしていなかったが、ここまでひどいのは初めてだった。まあ、これはお国柄ということではなく、このおばさんのキャラクターなのだろう。

Hershey'sのショップ

Hershey’sのショップ

アメリカ側には橋を歩いて渡る。カナダ側からでは、トークンを自動販売機で買い、ゲート横にトークンを入れるとバーが動く。ちょうどニューヨークの地下鉄のような感じだ。アメリカ側で入国審査を受け、問題がなければそのまま入国となる。アメリカとカナダではアメリカの審査のほうが厳しいと聞いたが、それほど心配するほどのことでもない。アメリカ側に入るとすぐビジターセンターがあり、いろいろと案内してくれる。無料のシャトルバスでゴート島(アメリカ滝の右端の方)までいけるというが、僕たちにはあまり時間がなかったので、そこまで行くことは断念したが、これからナイアガラに行く人はぜひゴート島まで足をのばして欲しいと思う。きっとすばらしい景色に出会えるに違いないだろう。アメリカ側からカナダ側に戻ると、ホテルに戻り、トロントへと出発する準備にとりかかった。ホテルをチェックアウトすると、まず腹ごしらえ。近くのレストランに入り、安い朝食セットを頼んだ。7、8ドルの朝食だが、十分な食べ応えであった。そこを出て道なりに歩くとHershey’sの店があったので、店内を物色して変なキャラクターの写真を撮ったが、チョコはぜんぜん買わなかった。店内のあまりにも甘いチョコレートの香りで気分が悪くなるほどだった。
Niagara Falls Aviary

Niagara Falls Aviary

ルリコンゴウインコ

ルリコンゴウインコ

次に見えて来たのはNiagara Falls Aviaryだ。Aviaryは日本語で「大きい鳥小屋」を意味するが、ナイアガラバードハウスとでも言うほうがイメージがつかみやすいだろう。ビルの内部をちょっとしたジャングルのようにして、鳥を放し飼いにしているというわけだ。14.95ドルとあまり安くないが、せっかくなので、入ってみることにした。日本でもよく見る文鳥などの小鳥から始まり、爬虫類、フクロウと続くが、これらは動物園のようにすべてケージに入れてあった。最後の部屋がメインで、見慣れない色鮮やかな鳥たちが放し飼いになっている。動物園でもよく目にするコンゴウインコが群れで木に止っていたり、見たこともないこっけいな風貌の鳥が目の前を飛んで行く。ここはそれほど大きい施設ではないので、すぐ見終わってしまった。次に僕たちはトロント行きのバスターミナルに向かうことにした。通常ならタクシーで行くほうがいいくらいの距離だが、いい運動にもなるので歩くことにした。ナイアガラ川に沿って20~30分歩くとやがてバスターミナルに着いた。バスターミナルのある周辺は、店はどこも閉まっていて、歩いている人もほとんどいない上、車もそれほど通らない。ちょっとしたゴーストタウンのような町並みだった。ほどなくバスに乗り込み、僕たちはトロントへと向かった。ちなみにトロント行きの運賃は23.22ドルと格安だった。

III. トロント
トロント市内

トロント市内

市内を走る路面電車

市内を走る路面電車

トロントはカナダ最大の都市である。つまりアメリカで言えばニューヨークのようなものだ。しかし、僕の印象では大都会という感じではない。もちろん、いろいろな物がそろっているし、何の不自由も感じないほどの大きな都市ではあるが、どうも東京やニューヨークとは空気が違うように感じる。もっとも僕たちが行ったのは3月だから、あまり人が地上を歩いていなかったせいもあるだろう。人々はほとんどは地下街かToronto Eaton Centreのようなショッピングモールに集まっている。外はすごく寒いのに、このようなショッピングモールはめちゃくちゃ暖かい。中には半そでで歩いている人もいるくらいだ。それほど外と中の温度差があるので、着るものに工夫がいる。セーターなんかよりは、脱いだり、着たりするのが楽なもののほうがいい。

Eaton Centre

Eaton Centre

ユニオン駅構内

ユニオン駅構内

町の散策には地下鉄、路面電車、バスなどを利用するほうが寒くなくていいだろうが、僕たちの行った3月上旬は、日中なら徒歩でもそれほどひどい寒さは感じなかった。もちろんしっかりと防寒をしていての話だが・・・。僕たちの泊まったホテルはToronto Marriott Downtown Eaton Centreで、その名前からも分かるように、すぐ隣にはToronto Eaton Centreがあるので、ショッピングに行っても、あまりの近さで寒さを感じる暇もないほどだ。ちょっとスターバックスでコーヒーを買ったり、本屋でバーゲンの本を物色したりと便利は最高にいい立地だ。このマリオットはそれほど安いホテルではないが、この時期は1人当たり1晩5,400円とこちらも格安だった。トロントに到着した日はすでに夕方だったので、そのEaton Centreで食事をして、ホテル周辺の散策に出かけた。さすがに日が落ちると、寒さは厳しい。この日はバスでの移動で疲れていたので、早めにホテルに引き上げることにした。

国立のトロント大学正面

国立のトロント大学正面

漢字で書かれた標識

漢字で書かれた標識

トロント2日目は、まず第一にKinko’sに向かった。帰国便のチェックインは空港でするつもりだったが、往路のチェックインがオンラインで出来なかったので、せめて帰りの便ぐらいはと、キンコーズでパソコンを借りた。ホテルにもパソコンはあるのだが、どうもプリンターがつながっていない。プリンターがないとチケットが印刷できないので、Kinko’sに行くほかはなかった。アメリカのKinko’sでは備え付けのカードリーダーにクレジットカードを差し込めば、店員に声をかけることなくパソコンを使えるが、カナダは日本のKinko’sと同じで、使う前に店員に声をかける必要がある。もちろん精算もレジで行う。チケットを印刷すると、その足で朝食をとるためにEaton Centreのフードコートに戻った。マイアミ以来久しぶりにSbarroのパスタを食べた、ちょっと麺がゆですぎなのが気になったが、ファーストフードにしてはまあまあの味だ。ちなみ日本の横須賀のアメリカ海軍の基地内にも出店しているらしい。

食事の後は、コリアタウンへ行ってみることにした。ホテルからだとかなりの距離がありそうだったが、旅行というのは町並みを見るのも楽しいものだ。3人でペチャクチャとしゃべりながら、コリアタウンを目指して歩いた。チャイナタウンもそれほど遠くないせいか、トロント大学のあたりにくると、漢字で書かれた標識なども目にするようになった。

CN タワー

CN タワー

ROGERS CENTER

ROGERS CENTER

ちなみにアグネス・チャンが留学した大学がこのトロント大学だ。 コリアタウンに近づくと韓国語の看板などが多くなってくる。歩いている人たちもほとんどが東洋系で、すれ違うときには韓国語が聞こえてくる。ところでカナダの土産と言えば、メイプルシロップ、メイプルチョコレートなどがあるが、ここコリアタウンにあるスーパーマーケットでは全く同じ商品を免税店よりはるかに安い値段で買うことができる。 これはナイアガラ、空港の免税店のどこよりも安かった。

コリアタウンで買い物をして僕たちは、CNタワー(Canadian National Tower)を見物して、いったんホテルに戻ることにした。 CNタワーの高さは553.33mで世界一高い塔として知られているが、、墨田区に建設予定の高さ約610mの新東京タワーが完成すれば、このCNタワーを抜いて世界一となるだろう。CNタワーにはToronto Blue JaysのホームスタジアムであるRogers Centreが隣接している。

ホテルに戻って休息をとり、夕食に出かけることにした。チャイナタウンに行って食事をとろうということになったが、あまり混んでいるところには入りたくないし・・・、かといって客が誰もいないほど空いているところには入る気がしないし・・・どの店にも決めかねて、結局何も食べずに来た道を折り返すはめになった。「こうなったら何でもいいや」と、ヤングストリート沿いにある、バーベキューレストランに入った。適当に入った店だが、なかなかおいしい。あれやこれやと吟味して選んだ店はまずかったりするのに、適当に入った店がおいしいと、ちょっと得した気になる。満腹になって、いい気分でホテルに戻ったが、翌日は朝早くにチェックアウトしなければいけないので、荷造りをしておくことにした。また朝早いので、空港にはタクシーで行くほうがいいだろうと、コンセルジュにタクシーの手配をお願いしてその日は早めに寝ることにした。

目がさめると僕たちはシャワーを浴び、早々にチェックアウトし、空港へ向かった。帰りの飛行機はDC9-50という機種で、多分20年以上の経年機だ。古い飛行機に乗るときは多少不安が付きまとう。以前サンフランシスコの旅行で緊急着陸したのも同じメーカーのDC10でやはり経年機だった。デトロイトで成田行きに乗り換えるまで時間があったので、スターバックスでお茶をした。ここの店員さんはみんな高齢で驚いた。すでに70歳を越しているように見えるおばあさんが一生懸命レジ打ちをしているがなかなか追いつかない。注文した品のほうが先に出来上がってしまっている。続いてレジを待っている僕に、奥からコーヒーを作る係りのおばさんが “What can I get you sir?” と大声で注文を聞いてくる。僕の場合もコーヒーはすでに向こうにあるカウンターに出来上がってきた。レジで「アイスコーヒー2つ」と言ったのに、おばあさんはアイスコーヒー1杯分しかとってなかった。後で気が付いたのだが、めんどうなので、そのままごちそうになった。ごめんなさい、おばあさん!